きゃーくぼの便利帳

便利でもなんでもない、単なる管理人のストレス発散の場です。

  • 2005.08.19 Friday

体力年齢

前回の続きだ。

体力測定の項目としては、「心肺機能(推定最大酸素摂取量)」「柔軟性(長座体前屈)」「敏捷性(全身反応時間)」「瞬発力(垂直跳び)」「筋力(握力・脚筋力)」「筋持久力(上体起こし)」「平衡性(閉眼片足立ち)」だ。
しかし、書いてみてわかったが、表形式で書けないんで、大変書きにくい。各項目ごとに、測定数値と年齢別平均値、評価範囲を書こうとしたが、これを文章で書けと言っても無理だ。出来るだけ努力してみる。

項目        ワシの結果   平均値    評価  評価範囲
推定最大酸素摂取量 36.4ml//分 36.1ml//分  3  33.6〜38.6
長座体前屈     34cm     42.1僉    。押 28.1〜37.4
全身反応時間    280隻叩   395隻叩   。粥 336〜279
垂直跳び      48僉    47.9cm     3  44.4〜51.5
握力 右      43.7圈        
   左      42.8圈   47.7圈    。押 38.1〜44.5   
脚筋力 右伸展   0.74圈   0.77圈    。魁 0.67〜0.87
    右屈曲   0.41圈   0.47圈    。押 0.29〜0.41
    左伸展   0.72圈   0.77圈    。魁 0.67〜0.87
    左屈曲   0.44圈   0.47圈    。魁 0.29〜0.41
上体起こし     23回     21.32回     3  19〜23.6
閉眼片足立ち    4秒      50秒      2   〜23.5

という結果であった。
で、42歳であるワシの総合体力年齢は、42歳と年相応であった。
実際より老けてるのは顔だけかとホッとする反面、毎週ソフトボールしてるのに年相応でしかとないのかとショックでもある。(まぁ、老け顔でホッとしててはアカンだろうが…)
週1回ソフトボールで運動してるて言うても、その後、へべれけになるまで飲んでたら、意味ないわのぅ。実年齢と同じ体力年齢であることで、満足しておくべきか?
しかし、ワシの結果は、身長166.7cm、体重81.1kgの肥満度32.7%という太りすぎ中年男の数値としては、まあまあやんけと、自画自賛しておく。目つむって片足で立つのが4秒とあまりにも短いのは情けないが。

Go to top of page